駐車場サブリースとは


 駐車場のサブリースとは、駐車場サブリース会社(駐車場運営会社)が、駐車場全部、又は一部を一括して借り上げるサービスです。

一般的には空いている車室のみ一括して借り上げるケースが殆どです。なお、借上げ対象は結果的にではありますが、機械式駐車場が中心になっています。

 駐車場サブリース会社は借り上げた駐車場を台数、駐車場仕様(機械式駐車場の形態・サイズなど)、立地などを考慮して、月極駐車場、時間貸し駐車場、または月極・時間貸し併用駐車場を事業主として運用するので、駐車場オーナーは営業・運営面での手間なく収入を得ることが出来ます。ただし、機械式駐車場の場合はメンテナンスなどはオーナー側業務分担となります。

 コインパーキング会社は土地や平面駐車場を借り上げ、街で良く見かけるコインパーキング(一部月極駐車場もあり)として運用します。駐車場サブリースと同様に、コインパーキング会社が事業主になるので、オーナーは毎月の収入を確認すれば良いだけ、となります。更に駐車場サブリースとは違い駐車場に必要な機械の導入・メンテナンスもコインパーキング会社負担となります。(一部はオーナー負担のケースありですが)

 駐車場サブリース・コインパーキングも借りて貸すという同じ転貸事業ではありますが、駐車場業界では分けて考えられており、異なる会社が参入しています。(ただし、一部会社は駐車場サブリース・コインパーキング両方を行っている)

 

 駐車場サブリースのお見積を取る場合は、駐車場サブリース一括見積サービスをご利用ください。コインパーキングの場合は、

コインパーキング一括見積サービスもございます。その他駐車場に関するサービスについては、事業内容をご覧ください。

 

 

 

駐車場サブリースのメリットとデメリット


 駐車場サブリースにはメリット・デメリットがあります。以下にまとめてみました。

 

 <メリット>

  1. 空車室をサブリースすることで、これまで収入がなかった(機械式駐車場の場合、保守費用等コストのみが発生)区画から収入が生まれる。(契約開始当初は販促期間として賃料免除のケースが多い)
  2. サブリース区画については一切の業務を全てサブリース会社が行うので、手間が全くなく、収入を得られる。
  3. (契約によっては)テナントが必要な場合は返還して貰える。(空いている間だけの有効活用が出来る)
  4. 時間貸を行う場合は、オフィステナントや入居者向けサービスにもなる。

 <デメリット>

  1. 1台当りの単価は周辺相場の半分程度になる。
  2. 必要台数を返還して貰えるが、通常の場合、解約申入から2~3ヶ月を要する。

  

 

駐車場サブリースと最近話題になっているアパートやシェアハウスのサブリースとの違いは?


  「サブリース」という言葉が最近新聞やニュース報道などで話題になっています。

問題になっているアパートやシェアハウスのサブリースは銀行などから借り入れし、建築費用を初期投資する事が多く、その初期投資をサブリース賃料で返済していきます。ところが返済途中で、サブリース賃料減額や解約となり、銀行への返済が出来なくなり、オーナー様が破綻してしまうというのが問題です。

 一方、駐車場サブリースは一般的に既にある駐車場の空車室を貸し出す事が多く、万が一、サブリース賃料の減額や解約があったとしても、それが原因でオーナー様が破綻するという事がありません。これが大きな違いです。

  もし駐車場を新たに購入・建築してサブリースに出すことを検討される方はよくご検討する事をお勧めします。

 

 

 

駐車場サブリースの契約スキーム(例)


 駐車場サブリースのスキーム図です。

要は駐車場所有者は賃貸借契約を締結するだけで、一切の手間なく、収入を得られる事業です。但し、駐車場サブリース会社の提案の中身を吟味した上で契約することをお薦めします。